ウェブサイトを持ったらまずはどれ位の人に見てもらえるのかアクセス解析を設置しましょう。

頼りになる相棒として

近年では、ホームページを活用した商品紹介や通信販売をしている企業は多いのではないでしょうか。店舗を置いての販売は人件費や光熱費がかかることから、ネットでの販売が主だという企業も多いことでしょう。ですが、商品の在庫がなくなった場合に「売り切れ」という表示を出したままにしている通販サイトなども多く、多くの商機を逃しているのではないかと思われるホームページも多くみられるのが現状です。せっかく通販のシステムを作っても、販売所の代わりとして使うだけでは商機に繋がりません。売り切れている商品の代わりをほかのサイトで見つけられて購入されてしまうことは、「損失」以外のなにものでもないからです。ですから、ホームページを作って通販のシステムを置くだけではなく、「アクセス解析」を設置することをお勧めします。

「アクセス解析」という言葉を耳にしたことがあるという人は多いでしょうが、「うちには必要ない」と思い込んでいる人もまた多いのではないでしょうか。アクセス解析を設置すると、ホームページ内のどのページへの訪問数が多いのかといった情報だけでなく、どんな商品を探してどこを経由してきたのかなどの情報も得ることができるのです。「売り切れ」と表示されたままのページへの訪問数が多い場合には、その商品の入荷を待っている人がいるということですから、具体的な入荷予定などを書き込んでおけば、ほかで購入されてしまうことを防ぐことができるかもしれませんし、アクセス数と在庫の減り具合を比較することができるようになれば、商品製造の目安にもなるでしょう。

店舗を置く代わりに通販のシステムを作ったのと同様に、店員を置く代わりに「アクセス解析」を置けば、どんな商品がより求められているのかといった情報や、どういった世代に人気があるのかといった情報を簡単に集めることができるのです。例をあげたものだけでなく、アクセス解析にはさまざまな方法があるので、頼りになる相棒として活用を考えてみてはいかがでしょうか。